カーテンのご紹介

img

皆さんはカーテン、何年くらい使用していますか?

我が家は、2003年にオーダーして作ってもらったカーテンを引越しを二度重ねて6年も使っています。

なんでこんな話かと言うと、先日、お仕事でお付き合いをさせてもらっているカーテン業者の社長さんと担当の営業の方が遥々、埼玉県から館山の当社まで打合せに来て下さったんです。

かれこれ10年前からのお付き合いで大変良くして頂いてます。

(遠くまで来て下さって大変感謝しています。合掌)

で、当時カーテンをオーダーで作ってくださったのが、社長さんの会社だったわけです。

 

 

 

 

社長さんおすすめの私好みの輸入生地で作って頂いたカーテンを我が家で今も使っていると言うのを社長さんは懐かしがるのと同時に大変喜んで下さいました。(いいものは長持ちする!って思ったのでしょうか)

当時お給料も安く、若かった私にはちょっと贅沢な買い物ではないかと悩んだ末にオーダーしたカーテンでした。

その後すぐに引越しをしてしまったのですが当時の担当の方(女性)が引っ越したマンションの窓に合わせていろいろと考えてくださり、さらに色違いのカーテンと一緒にクッション(大・中・小)とランチョンマット、コースターと共布で作って頂き本当に大好きで、さらにお引越しをした今のお家でも使わせて頂いてるのです。

 

img5

 

皆さんも、カーテンや家具はいいものを長く使ってみませんか?

そして幸せに暮らしましょ!

ペットを飼うということ

ワンちゃんは言葉が話せません。でも、人の気持ちや言葉はわかるのですよ。心もあります。感情だって持っています。

野生ではないから、人間と生きることを選んだ犬たちには飼い主しかいません。

飼い主にしか愛してもらえないのだから。絶対に大切にして欲しい。

犬を飼う(買う)ということは責任が発生するということを理解して欲しいです。

そのことが解らない人に犬を飼う(買う)資格はありません。

一生の面倒をみる覚悟がなければ飼い主にはなれないのです。

 

o0640064012134338026我が家の一人娘(フレンチブルドッグのルビー)は本当に手の焼ける子です。

でも、手が掛かるからこそ家族の一員だし、可愛くていとおしい我が子なのではないでしょうか?いたずらにイライラさせられることも、わずらわしく思ってしまう時もあるけれど、私たちはずっとルビーを愛し続ける覚悟です。

というか愛しています。大切な一人娘ですもの。

たぶん、私たちよりも先に天に召されることになるでしょう。

その日まで、ずっとそれからもずっとルビーは私たちの家族に違いない。

ちゃんと看取ってあげるつもりです。

ずっと一緒に居させてもらいます。大切にします。

 

 

お願いです。犬を飼うということもう一度しっかり考えて下さい。

 

とりとめのない話になってしまいましたが、あることがきっかけで犬を飼うという事を改めて考えてみました。

私の思いがよりたくさんの方に伝わったらうれしいです。

フリーダイヤル 0120-30-3326

〒292-0009 千葉県木更津市金田東1-12-19